8月後半


早い梅雨明け宣言からあつーい夏に耐え、気が付くと8月もあと二週間。信州はお盆が過ぎると嘘のように涼しくなるのですが、昨日から朝晩は寒いくらいで一気に秋が迫ってきいるようです。ブドウシーズンもすぐそこに来ていますが、工場内はまだ昨シーズンの未出荷分が鎮座しており、焦り気味で出荷作業に追われています。工場を空にしてからシーズンスタートしないと晩秋には動きが取れなくなってしまいますので、のんびり屋の私も必死です。特にこの冬はシードルの委託製造を受けたため、出荷可能な味になるまでの壜熟期間が必要なため遅くなってしまいました。さらに、今年は関東地方からの委託ブドウ原料がお盆前に入荷し、すでに発酵中のタンクもあります。こんな感じで慌ただしく2018シーズンが始まってしまいましたが、今シーズンも張り切ってワインを作りますので変わらずご注目いただけますようお願いいたします。(ブドウワイン委託希望のお客様は早めにご連絡ください。)

カテゴリー: 季節 | コメントする

毎週水曜、木曜は売店の定休日にします。

伊那ワイン工房 花

今週より水曜、木曜を定休日として売店をお休みすることにいたします。とりあえず実験的に、ということで7月、8月はお休みとし、9月からの葡萄収穫期以降は月単位で設定をし、このホームページの「売店休日カレンダー」にてお知らせしてゆきます。

さっそくですが、8月のお盆時期は営業しておりますのでぜひお立ち寄りくださいませ。

急な告知となりましたが、これも昨今の「働き方改革」の一環としてご容赦ください。

製造作業の都合で水曜、木曜の売店がお休みの日でも工場で働いている場合もありますので、水曜日か木曜日しか来られないというような場合は、事前にご相談ください。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントする

初夏

雨の日は数える程度しかなかったのに6月中に梅雨明け宣言が出ました。確かに次の日から真夏の気候ですから勇み足ではないのでしょう。工場のツバメには今期2回転目の巣立ち時期がきています。巣には溢れ出る雛と、餌を運ぶ親鳥の疲れた姿が巣立ちの近いことを予感させます。明日の朝にはいなくなっているかもしれませんね。

 

カテゴリー: 季節 | 1件のコメント

今年もゼラニウム飾りました

昨シーズン好評でしたので今年も道路沿いのフェンスに花を飾りました。やっと花が咲きだしましたので、夏至翌日のいつまでも沈まない西日を背に何げなく写真をとりました。深紅とも言える赤い花が旧診療所をワイナリーらしく見せてくれると良いのですが。昨年はこの赤い花を気に入ってくださったお客様がご来店下さり、ご要望でこの花の苗を差し上げました。そのお返しにとピンクのゼラニュウムをいただき無事冬を越して花が咲いていますので、今後ピンクも増やしてみようと思います。

カテゴリー: 季節 | コメントする

山葡萄の花器に生け花

初めて生け花の手ほどきを受けました。                      というのも、以前工房廣様より頂戴した素敵な山葡萄の花器に生けるため。

で、このように…。

山葡萄の花器 生け花 伊那ワイン工房

指導をしてくださった北沢理光先生が生けた見本はそれはそれは素敵だったのですが、悲しいかな、これが再現の限界です。とはいえ、花器と植物たちの大いなる魅力が拙い腕前を何とかカバーしてくれてくれているのではないでしょうか。

山葡萄の花器 生け花 伊那ワイン工房 アルストロメリアとブバリア。

山葡萄の花器 生け花 伊那ワイン工房 丹頂。普通はピンクの花ですが、これは白なのだそう。

売店カウンターに飾っております。ぜひご覧にお越しくださいませ。

床の間でも記念撮影。

山葡萄の花器 生け花 伊那ワイン工房

おまけの1枚。

山葡萄の花器 生け花 伊那ワイン工房 ララ

 

 

カテゴリー: お知らせ, 季節 | 1件のコメント